離婚で慰謝料を請求するなら弁護士に頼ろう|法律のプロが問題解決

男の人

過払い金を取り戻す方法

お札

金融機関からお金を借りた際、返済を行なっているうちに過払い金が発生している可能性があります。京都の司法書士事務所に相談して、払い過ぎた分のお金を取り戻しましょう。

詳しくはこちら

トラブル時に頼れるプロ

喧嘩

精神的な苦痛を負わされた代償として、相手側に慰謝料を請求することが出来ます。例えば隣人が放つ騒音によって健康的な生活が行なえない場合、または交通事故などによって怪我を負い後遺症が残ってしまった場合など、様々なシーンで慰謝料というものが発生するのです。しかし慰謝料は自分の希望額を請求すれば良いわけではありません。法外な金額を請求してしまうと相手側の支払い能力では払いきれないという場合もありますし、少なすぎてはこちら側が損をしてしまう可能性もあります。弁護士に相談をして間に立ってもらうことで、妥当な額の慰謝料を支払ってもらうことが可能になるでしょう。

慰謝料は離婚の際に発生することがあります。例えばDVなどで心身にダメージを負った場合、または浮気や不倫をされた場合など、婚姻関係にある相手が原因による離婚で慰謝料を請求することが可能です。弁護士はDVや浮気の証拠を元に妥当な慰謝料を請求してくれる存在です。また、離婚するためにはどのような手順を踏めば良いのか、または離婚調停を有利に進めるにはどのような準備をすれば良いかなど、様々な面でサポートしてくれます。

弁護士を探すのであれば、まずは弁護士事務所の情報を得ることが大切です。法律関連の知識がない場合には頼りになる存在なのですが、費用が高すぎるということもあります。高い金額をかけて訴訟を起こしたとしても確実に勝てるというわけではありません。どのようなサポートを提供してくれるのか、またはこれまでの実績はどれくらいあるのか、事前にしっかり確認しておくのが最適です。

効力を持つ遺言

法律書

遺産相続関連のトラブルを防ぐには、法的な効力を持つ遺言書を作成しておく必要があります。埼玉の司法書士に公証人になってもらうことで、改ざんのリスクを軽減し、本人の意志を反映させることが可能になるのです。

詳しくはこちら

離婚するための準備

男女

DVやモラハラなどによって離婚を決断したのであれば、相手との間に立って直接的なやりとりを行なってくれるような弁護士にサポートしてもらうのが最適です。確実に離婚することが出来ます。

詳しくはこちら